単身引っ越し

荷造りのコツ

引越しを行う理由は人によって様々です。
大学への進学で一人暮らしを始める人も多いでしょうし、仕事の都合で引越しをすることも、もちろんあります。
引越しは日常的に使っている様々な荷物を動かさなければいけませんので、思っている以上に時間がかかる作業です。
引越し先や引越し業者の選択が終わり、引越しの日程が決まれば出来るだけ時間に余裕をもって荷造りを進めていきましょう。

 

荷造りには思っている以上に時間がかかると思います。
仕事をしながらであれば、平日にはなかなか作業をすることも難しいでしょうから、余裕をみて準備しておくことが大切です。

 

荷造りは、玄関から一番離れている場所から作業していくことをおすすめします。
また、詰める荷物は日常使うことのない商品から詰める様にしていきましょう。
パソコンなど毎日使う様なものを早い時期に梱包してしまうと、引越しを終えるまでの間、不便な思いをしなければいけなくなってしまいます。

 

荷造りを進めるにつれて、荷物を詰めたダンボールが日々増えていくこととなります。
部屋の奥から作業を進めるのはこのためです。
ダンボールを置くスペースを確保しながら、出来るだけ生活の邪魔にならない様に作業していきたいですね。
荷造りと並行して不要な荷物の整理も行っておくといいでしょう。

 

読まない雑誌や古い服などは、引越しの機会に改めて整理してみてはどうでしょうか。
普段なかなか捨てられない持ち物も、引越しであれば整理できるかもしれません。
最近は雑誌をデータにして保管する事も出来ます。
データであれば保管場所に困りませんので、一度検討してみるのもいいかもしれません。

関連ページ

業者の選び方
業者の選び方をご紹介します。
ダンボールへの明記
ダンボールへの明記が必要なワケは?
引越しの流れ
引越しのマメ知識をご紹介します。
部屋探し
部屋探しのヒントをご紹介します。
一括見積もり依頼
一括見積もり依頼をご紹介します。